トップページ > 過去ログ > 記事閲覧
現地からの報告
日時: 2011/04/09 20:31
名前: 武山ゆかり

余震が続く現地にて「福祉避難所」の第1陣から毎日連絡が入ってきます。「災害対策本部ニュース」に載らない生(ナマ)の状況をお伝えします。
日々状況は刻々変化、学校や地域の小規模避難所にいた方が重症化して搬送されたり、褥創が悪化したりと
従って軽症の方の行き先を探さなければならず忙しさも増して来ているそうです。まだ被災者は故郷を離れたくない気持ちが強く東京まで入院先を探すという方は少ないようですが公営住宅入居者の家族など徐々に増えてくるでしょう。
現地では避難者には食事が届きますが、ボランティアは自己調達。「タンパク質が欲しい〜!」とSOSが入り対策本部から早速送りました。
 4月10日は水没地域ローラー作戦。1Fはまだ水が引かず2Fで生活中の地域に医療チームで入りニーズを掘り起こします。みな「大丈夫」と言いますが体調が悪い人が増えて感染症も心配されています。こうした支援も必要な状況。人手がまだまだ欲しい現地です。

Page: 1 |