トップページ > 記事閲覧
自らを振り返る機会にも…
日時: 2014/06/03 13:34
名前: 武山ゆかり

良い医療を考える活動をされている先輩からお知らせが届きました。ご参加をお勧めします。

夏を思わせる暑さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

さて、私ども東京SP研究会の活動も20年目に入り、活動の原点を確認して先に進みたいと考え、
活動を振り返る展示会とシンポジウムを開催いたします。
医療を受ける立場の思いを伝え続けて変わったもの、変わらないもの と題して発足当初から現在までの活動趣旨と
最近の問題を取り上げ、さまざまな立場のご意見を伺いディスカッションしようと思います。
また提起された問題の一部を7月の医学教育学会で発表して論議を広げたいと思います。
お時間ございましたら是非ご参加いただきたくご案内いたします。
シンポジウムの後に模擬患者とのコミュニケーション実習を行います。説明場面を取り上げますのでよろしければご覧ください。
当会のホームページに詳細とお申込み方法を載せておりますのでご覧いただけますと幸いです。(事前予約お願いします)

6月14日 10:30〜12:00 1部 活動展
13:00〜14:30 2部 シンポジウムと自由な意見交換
15:00〜16:30 3部 「患者にとってわかりやすい説明とは」模擬患者との実習
東池袋あうるすぽっと3階会議室
参加費無料 ご都合にあわせてご参加いただけますと幸いです。

東京SP研究会 代表  佐伯晴子
〒171-0033 東京都豊島区高田2-18-15-421佐伯方
電話FAX03-5985-0506
携帯090-4840-4958
harutksp@d1.dion.ne.jp
東京SP研究会HP 
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存