トップページ > 記事閲覧
記念講演会−患者相談のあり方−
日時: 2013/02/18 18:53
名前: 安仁屋衣子

患者の権利オンブズマン東京の記念講演会が開かれます。会員でなくても参加できますので、どうぞいらして下さい。

日時:2013年3月9日(土)14:20〜16:20
場所:飯田橋 東京市民ボランティアセンター

『患者のエンパワメントと患者支援−患者相談のあり方−』
  ペイシェント・アドボケイト/医療コミュニケーション研究者
岡本左和子 先生の特別講演
患者がどのような感情・思考を経て苦情に至るのか,その時々で必要な支援は何か。このような点を理解しないままでは,良かれと思った支援でも,ある局面では不適当ということがあります。
 適切な患者相談にあたって重要かつ理解してほしいことを,演者の経験と研究に基づいて,ご講演いただきます。また,相談員が元気になるお話も満載です。

岡本左和子先生は,1957年兵庫県生まれ。
 同志社女子大学学芸学部英文学科卒業。
 1995年より約5年間米国ジョンズ・ホプキンス病院国際部にてペイシェント・アドボケイトとして勤務。
 2006年米国メリーランド州立タウソン大学コミュニケーション学修士取得。
毎日新聞に「診察室のワルツ」を連載しています
(主催者より)

詳しくは患者の権利オンブズマン東京のHPでご確認下さい。
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存