理事の夏期勉強会

 8月9日(日)に、協会事務所がある大塚の福祉財団ビル7階の会議室で、理事14名が参加して、勉強会と意見交換会を開催しました。  
  この6月から新しく理事になった人も多く、また、60年以上歴史ある協会について知っているようで知っていないとの声も継続理事の中からも聞かれるため、午前の部では、創成期からの協会の動きを武内副会長が、その後の1980年代から20年間を前会長の武山さんから、そして、近年の動きを田上が話しました。  
 午後の部では、4~5人のグループに分かれて「理事になる前に思っていた協会とは」、「どんな活動をしていきたいか」をテーマに意見交換をいたしました。  
 久しくやっていなかったグループワークで、ポストイットを使ったり、模造紙にまとめを書いたりして、グループごと発表し、それをもとに、全体での意見交換をしました。  
 皆さん、真剣に話し合い、「もっと会員に活動を知ってもらい、参加者を多くしたい。」、「情報をきちんと発信したい」、「ブロックと理事会が一体となれるようにしたい」など思いを共有しました。  
 暑い夏の、せっかくに休日、理事の皆さん、ご苦労様でした。(文責:田上)